TAX-LAB税理士試験 合格体験記集(資格試験勉強法研究受験生のために)

TAX-LAB

Google
 
Web tax-lab.com

税理士試験体験記トップページ

合格体験記の上手な使い方
勉強法は、その人に合う合わないがあります。
ある人にとってはものすごく有効だったことも、あなたにとっては無価値なものもあります
逆にある人の何気ない一言が、あなたの勉強法に大いに参考になる場合があります
この 税理士試験 体験記集から、ぜひあなたに合ったエッセンスをかじりとってください。

合格体験記を読む前にココを読め!

ここで合理的受験生のための体験記の読み方をお教えしましょう。
これは、C PA-LABに寄せられた2005年coolさんの体験記からの抜粋です。

1.合格体験記の半分はウソだと思うべきである。
2.合格者のその勉強法はその年限定のものである可能性がある。
3.合格者といえどもたまたま合格したものである可能性がある。

もちろん、体験記執筆者はウソを書いているわけではありません。
ただ受験生、合格者はどうしても「自分が苦労して克服したことを一番大事と考える」という習性があります。
テレパシーが使えればいいのですが、人間である以上、「言葉」というものを通して、人に何かを伝達しなければなりません。 伝える上での「前提条件」が、書き手と読み手で違うのはもちろん、「同じ言葉」を書き手と読み手が全く違う意味で使うこともあるのです。
だからこそ、「執筆者にとっての真実」が「読み手にとってのウソ」になることも、あり得ることなのです。
合理的受験生である皆さんは、そのあたりを承知した上で体験記を読むと、より効果的な使い方となるでしょう。

なお、coolさんの合格体験記はこちら

【PR】税理士事務所  税理士